医学部受験コラム

【近畿大学医学部】気になるキャンパス移転や偏差値についても解説

【近畿大学医学部】気になるキャンパス移転や偏差値についても解説

近畿大学医学部は、主に関西の医学部志望の学生に人気がある学部です。

「関西で医学部を複数受けるならば、近大の医学部も受けておこう」と思っている学生も多いことでしょう。

そして、近畿大学医学部は、2024年にキャンパスの移転が決定しています。

その情報について知りたいという方も多いのではないでしょうか。

そこでこの記事では、近畿大学医学部の特徴や偏差値、さらにキャンパス移転の情報まで皆さんが知りたい情報を紹介します。

近畿大学医学部の基本情報

はじめに、近畿大学医学部の基本情報として2021年6月現在の所在地や在籍人数、学費などを紹介します。

キャンパスの場所

近畿大学医学部は、大阪府狭山市にキャンパスがあります。

近畿大学は複数の学部を持つ総合大学で、キャンパスも大阪市・狭山市・奈良市・広島市など色々な場所にあります。

最寄り駅は南海高野線「金剛駅」か、泉北高速鉄道 「泉ヶ丘」です。

どちらの駅からもバスが出ており、15分ほど乗車が必要となっています。

なお、2024年度には大阪府堺市にキャンパス移転が決まっており、移転後は大阪市からのアクセスももう少し便利になることでしょう。

在籍人数

2020年5月1日現在、医学部には男子491名、女子244名、計735名が在籍しています。

なお、医学部の学科は医学科のみです。男子と女子の比率は約2:1となっています。

学費

近畿大学医学部の6年間の学費は約3,584万円です。

私立医学部の中ではずば抜けて高いというわけではありませんが、他の学部に比べれば高めとなっています。

1年次にかかる学年費の総額は、682万4,500円、2年次以降は550万円です。

近畿大学医学部の特長

では、近畿大学医学部にはどのような大学独自の特徴があるのでしょうか?

ここで詳しく解説していきます。

少人数制学習を採用

近畿大学医学部では、多様化する医師への期待に応えるために、徹底したスモール・グループ教育を導入しています。

教員と学生の密度の濃い授業を展開することを第一としており、そのため、1年次から専門的な学習を行うのも特徴です。

一般的な医学部では1年次は教養教育のみで、2年次から少しずつ医学部の専門的な授業が始まります。

一方、近畿大学はコマ数こそ少ないですが1年次から基礎医学の授業があります。

そのため、他の大学に比べると若干余裕のあるカリキュラムと言えます。

このほか、人格形成の面にも配慮するとしており、「自ら問題を解決する積極的な学習態度の養成」や「奉仕の心と協調精神の涵養」などを目標にしています。

総合大学のメリットを活かした学習環境

近畿大学は複数の学部を持つ総合大学です。

医学部は薬学部や理工学部などと連携して研究を行っています。

理工学部と共同でレーザーを医療に導入するための研究を行うなど、未来の医療を見据えた活動を行っているのです。

また、大学以外では、ライフサイエンス研究所・東洋医学研究所・腫瘍免疫等研究所などとも連携し、高度な研究を行っています。

このほか、近畿大学は、厚生労働省から「特定機能病院」として認定された「近畿大学病院」、充実した医療設備と高度で最新の医療情報システムがある「近畿大学奈良病院」という2つの病院を持ち、最先端の医学・医療を学ぶための優れた環境が整っています。

ですから、大学院に進み医学の研究をしたいと思う学生にもおすすめです。

医学部は2024年にキャンパス移転予定

近畿大学医学部は、現在の場所から2024年に大阪府堺市の泉北高速鉄道泉ケ丘駅前へのキャンパス移転が決定しています。

堺市は現在キャンパスのある大阪府狭山市と同様大阪南部に位置する都市ですが、大阪市により近くなり大阪駅・難波駅・天王寺駅といった大阪府主要駅まで短時間で行けるようになります

近畿大学医学部は、この移転により「近畿大学医学部及び近畿大学病院の強みである、がん治療や心臓・脳血管障害などの高度最先端治療の一層の強化を図る」と抱負を語っています。

このほか、人材の確保・病院のITによる各種機能の効率化、南大阪における基幹病院としてだけでなく、救急災害拠点として地域医療に貢献することが目標として掲げられています。

これが実現すれば、泉ヶ丘駅の目の前に929床のベッドを抱える大病院と、学生と教職員併せて1000名近くが活動するキャンパスが移転してくることになります。

駅前の再開発もすすみ、街は大きく様変わりすることでしょう。

近畿大学医学部のレベル

では、関西で1,2を誇る充実した設備と最新鋭の医療が学べる環境が揃った近畿大学医学部はどのくらいのレベルなのでしょうか。

ここでは、偏差値や倍率などを詳しく解説していきます。

受験生の方だけでなく医学部志望の高校生はぜひ参考にしてください。

偏差値

近畿大学医学部の偏差値は、2020年度で66.5となっています。

同程度の偏差値の医学部は、
・滋賀医科大学
・京都府立医科大学
・大阪市立大学
・和歌山県立医科大学
・広島大学
などが挙げられます。

関西圏で近畿大学医学部より高偏差値の医学部もあげておきましょう。

・京都大学:偏差値70
・大阪大学:偏差値70
・大阪医科大学:偏差値67.5
・関西医科大学:偏差値67.5

近畿大学医学部は「医学部としては中堅校」と言われていますが、他学部と比較するとトップクラスの偏差値です。

「中堅校」という言葉に惑わされないようにしましょう。

近畿大学医学部の倍率

2022年度近畿大学医学部の入学試験は、以下のような種類があります。

・一般入試(前期A・B日程)
・共通テスト併用方式(前期A・B日程)
・共通テスト利用方式(前期・中期・後期)
・公募スタンダード
・地域枠

地域枠というのは、特定の県の指定病院に勤務することを条件に受験者を集める試験方式です。

奨学金が貸与されるので、「学費が心配で医学部を躊躇していた」という方向けの入試でもあります。

近畿大学医学部の場合は、静岡・和歌山・奈良・大阪となっています。

2020年、最も倍率が高かったのは、後期の一般試験で倍率が90倍です。

ただし、これは大学自体の人気というより「浪人したくない」「志望校に落ちてしまったが医学部入学のチャンスを逃したくない」「近畿大学医学部を他の方法で受験したが落ちてしまった」という方も多数集まるので、この倍率になったと思われます。

次が、センター利用試験C方式前期(現・共通テスト利用方式前期)で、倍率が40倍です。

中期は23.6倍、後期が23.3倍となっており、いずれも高めとなっています。

医学部を目指す受験生にとってセンター試験は点を取りやすいので、自信があるという方が多かったのでしょう。

募集人数が少なく倍率は高くなりがちですが、センター試験(現・大学入学共通テスト)の結果だけで判断する方式に人気が集まったと思われます。

その一方で、地域枠は奈良の1.5倍が最小、最大が大阪府の3.5倍です。

地域枠は9年間指定された地域の病院に勤めなければならないという決まりがあるため、倍率があまり伸びない傾向にあります。

地域枠で入学すると将来の選択肢が狭まる可能性もあるため、倍率が低いからという理由だけで単純に飛びつくのはおすすめしません。

なお、一般入試の倍率は19.8倍です。

センター試験(現・大学入学共通テスト)を利用する入試に比べると低めですが、いずれにしても高い倍率であることは確かです。

入試形式と出題傾向

ここでは、近畿大学医学部の一般入試の入試傾向と出題傾向を詳しく解説しましょう。

入試科目

医学部の入試科目は学科試験・小論文・面接です。

学科試験は3教科400点満点で、内訳は数学(100点)、理科二科目(200点)、外国語(100点)となっています。

理科は、「物理・化学・生物」の3科目から2科目を選択します。

小論文は、40分以内に400文字以内で意見論述をする問題が出題されます。

2020年度の課題は、「医師の資質としての態度について、自分の考えを400字以内で述べよ」というものと、「医師の社会的信頼の確保ついて、自分の考えを400字以内で述べよ」というものでした。

どちらも医療に関する問題です。

ただし、医療知識自体を問うているわけではありません。

また、2018年度の入試のように「『終活』に関して自分の考えを400字以内で述べよ」というユニークな問題がでることがあります。

面接は、15分程度の個人面接です。

志望理由や尊敬する人など一般的な質問が多く、就活の面接のように圧迫面接などは一切ありません。

また、医療知識が問われることもないので、リラックスして答えましょう。

「あなたの尊敬する人は?」「あなたのグループに苦手な人がいる場合、どのように接しますか?」というような質問がされることもあるので、想定問答集のような参考書を読んでおくといいでしょう。

近畿大学医学部を目指すなら京都医塾で

医学部を目指す学生のなかには、予備校に通う人も多いでしょう。

関西は東京・神奈川に次いで私立・国立の医学部がたくさんある地域です。

そのため、医学部を目指す人向けの予備校も多く、どこを選べばいいか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。

そんなひとにおすすめなのが、医学部専門予備校の京都医塾です。

京都医塾は毎年近畿大学医学部の合格実績があり、2021年度の一般入試では6名の一次試験合格者を輩出しました。

京都医塾の強みは、生徒一人ひとりのフルオーダーカリキュラムが用意されることです。

生徒一人ひとりに合わせたカリキュラムで基礎から徹底指導することで、確実に学力をあげていきます。

また、80名以上の社員講師が常駐しており、分からないことはすぐに質問が可能です。

京都医塾では勉強だけに集中できるスペースを用意しているほか、遠方に住む生徒向けに寮も完備しています。

大学受験は自分との戦いですが、心強いサポートがあれば、自分の力を120%発揮できることでしょう。

交通費・宿泊費無料の体験入学も受け付けていますので、興味がある方はぜひ一度お問い合わせ下さい。

入塾テスト無し、交通費、宿泊費負担の無料体験から

電話でのお問い合わせ 0120-546-747 営業時間 9:00-22:00(年中無休)

1泊2日の京都留学体験はこちら