京都医塾とは

君は伸びる。
誰が伸ばすかだ。

率直に言います。
君は勉強方法を間違えていただけです。
もしかつてないほど落ち込んでいるとしたら、
医大をあきらめていないやる気に満ちている何よりの証拠。
そのエネルギーさえあれば、大丈夫。
どうか、私たちを頼ってください。

人を幸せにするために、人は学んでいる。その心根から、京都医塾は生まれています。私たちは、将来、「先生」と呼ばれる人を育てている。豊かな知識をもち、人々から頼られ愛される人格者であり、明日の日本をつくる中心になる人です。同じ時代を生きる人々の役に立つ。そのために、教育は不可欠です。人の幸せは、やさしさだけでは実現しません。知識がない、ということは、悲しいことに、人を助けることもできないくらい無力です。私たちが一人のために設計したカリキュラムを、講師12人が惜しみなく指導するのはそのためです。日本の礎になる人を一人でも多く輩出し、世界に、そして次世代に向けて新しい種をまいてほしい。その先には、人を幸せにする幸せがあると、私たちは信じています。

京都医塾が見据えているのは、医学部入学ではありません。生きたい、と願うひたむきないのち。そのいのちと向き合う医師を育てること。世の中には、たったひとつの答えを求める問題はありません。方程式も通用しない。目に見えない問題、正解のない問題ばかりです。知識を情報として詰め込んだだけの人間が、真っ向から立ち向かえるでしょうか。人が何を求め、何に不安を抱き、何に心地いいと感じているのか。それを知るためには、自らの足で稼ぎ、心をくだいて、人を見つめ、言葉にならない声にまで耳をかたむける。汗をかき、歯をくいしばって考えた答えこそが、いのちを救う現場にかならず必要になる。京都医塾で学ぶことは、強くなることであり、人を助ける勇気まで生み出すこと。そのことを生涯、君の財産にしたい。そう考えています。

京都留学

私たちは、京都から動きません。京都は医学部の受験勉強に強い。そう思うからです。
講師は京大出身者が7割以上。各分野の研究に携わっていた人も多く、最高難度である医学部の入試問題を、明快に紐解ける講師力が結集しています。なにより70名以上の専任講師が京都に在住しているので、いつでも質問できる。学問の街であり、落ち着いた土地柄は「学ぶ人」の絶好の環境です。

教育とは、教えるだけではなく、育むこと。

頭に、膨大な知識をシャワーのごとく注ぎこむ。
私たちは、そんな一方的な教え方がいいとは思いません。
受験はたった一年で勝負がつきます。この短期間で、本番に強くなるためには、君が知識を確実に力にするまで、見守り育む必要があります。
つまり知識を受け取る「器」まで、育てることが大切。
器が割れていたら補修する。歪んでいたら整える。
いろんな形の器に、誰よりも長い時間そばに寄り添い、大きく育てていきたい。それが、私塾の在り方だと考えます。

君より、君にくわしくなる。

育む。そのために、2つのオーダーメイドがあります。
一つ目のオーダーメイドは、カリキュラム。
知識を理解できる量、ペース、潜在能力、集中力、目標やいまの学力、さらに、本気を出していまの学力なのか、そうではないのか。
どこで悩み、どこで筆が止まるのか。
授業で理解できているか、自主的に復習できるか、そして本番で力を出し切れるか。
細かく段階に分けて、とことん君にくわしくなろうと思う。
定型パターンに一人ひとりを当てはめていく、そんな安易な勉強方法は意味がありません。
偏差値や点数ではわからない、君の表情や言葉を逃さず読み取り、分析したうえでベストな勉強方法を設計します。

君は、生徒のプロだと考える。

二つ目のオーダーメイドは、接し方。
君は、十数年間、学校や塾であらゆる教育を受けてきたと思う。
先生やカリキュラム、模試や、面談。自分に合うか合わないか、好きか嫌いか、信頼できるかできないか、敏感に見抜くことができる。合わないことが原因で、成績が上がらなかった人もいるかもしれません。
もったいない。そんなつまずきをなくしたい。だから私たちは、性格や置かれている状況を把握して、繊細に応えたい。
ほめると伸びるのか、競わせたほうがいいのか。模試の結果が悪ければ、厳しい言葉をかけるのか、励ますのか。何に焦り、目をそむけ続けているのか。
やみくもに教えるのではなく、内面までサポートし、強い精神力が伴って初めて実力もついてくる。そう考えています。
本番のその日まで講師13人が話し合い並走しながら、君の「研究」を重ね、やる気の着火点を見つけたい。

現役合格専門塾 京都医塾

医学部をはじめ、
難関大学の現役合格をめざす。

現役合格専門塾 京都医塾は、
なぜ現役合格に強いのか。
それは「医学部専門予備校 京都医塾」の
受験ノウハウがあるからです。
講師は京大出身者が7割以上。
各分野の研究に携わっていた人も多く、
医学部の入試問題を明快に紐解ける
講師力が結集。
最高難度と言われる
医学部突破のための教育だからこそ、
当然ほかの難関大学にも強い。
君を現役合格に導くのです。

現役合格の秘訣はプランニング

現役合格の秘訣は
プランニング

PLANNING

受験に必要な科目は全て指導可能。
だから現役合格までの総合的な戦略を立てられる。

京都医塾では入試に必要な科目の全てに対応すべく、200名以上の各教科のエキスパート講師がいます。生徒一人一人が現役合格するために「どの科目をどのくらい伸ばす必要があるのか」をしっかり把握し、現役合格するための学習プランニングを行い、学習カリキュラムを提案、実行していくことができます。志望大学・志望学部、そして生徒一人一人の現在の学力やポテンシャルによって必要なカリキュラムが異なるからこそ、京都医塾ではその全てに対応できる体制を整えています。 また、京都医塾で全ての科目を学べることで塾を掛け持ちする必要がなく、生徒さんは慌ただしく移動をしたり、次の予定を気にしたりせず、集中して勉強に取り組むことができます。 ご家庭でも複数の塾とのコミュニケーションや予定の管理に煩わされることなく、お子さんのサポートに徹していただけるようになります。

講師の高い指導力

講師の高い指導力

TEACHING

医学部をはじめあらゆる学部において難関国公立大学から関関同立をはじめとする私立大学まで幅広く対応できる指導力

京都医塾の講師たちは姉妹校である医学部専門予備校 京都医塾でも指導を行っており、近年熾烈を極める医学部受験に対応できる各教科のエキスパート集団です。さらに講師たちは京大をはじめとした難関大学の出身者が多く、それぞれの経験も共有しながら医学部をはじめとする難関大学合格に向けて、指導システムを改善し続けています。私たちは講師一人一人が違う指導法を取るのではなく、同じ指導法で授業を行い、また各科目のバランスを考えてその生徒に今どの科目を重点的に指導する必要があるのかなど、講師がチームとなって全員の意思統一を図ったうえで授業を行っています。そのために学期の途中で何回も講師全員が集まって生徒一人一人についてじっくりと話し合いをします。このように私たちは70名を超える社員講師を中心に常に生徒の状態をしっかり把握し、それを講師全体でチームとして指導しています。 創立以来、地元の塾として様々な生徒の様々な志望に合わせて指導を行い積み重ねてきたノウハウを、講師の研修や指導法に反映し塾全体で共有してきたからこそ、京都医塾では生徒一人一人の幅広い志望に応えていくことができるのです。

オーダーメイドカリキュラム

オーダーメイド
カリキュラム

CURRICULUM

一人一人の習熟度や予定にあわせたオーダーメイドカリキュラムで、無駄なく現役合格を目指す。

個別指導と集団授業を提供する塾や予備校は多くありますが、予定の管理はご家庭で必要だったり、成績や学習状況が共有されていなかったりと、結局「違う塾を掛け持ちしているような状態」になってしまうことがしばしば起こり得ます。 京都医塾では集団授業も個人授業も同じ「京都医塾の授業」として管理しているため、授業の予定も学習状況や科目ごとの進度も京都医塾内でしっかり共有・把握しています。 すべての教科の学習の進捗をひとところで管理しているからこそ、集団授業の進度に追いつけるまでは個人授業でしっかりフォローしたり、定期テスト前だけ苦手科目を追加したり、科目全体の成績状況を見て個人授業の科目を変更したり、といった、一人一人に合わせた柔軟で無駄のないカリキュラムをご提供できるのです。

生徒一人ひとりをフォローできる授業形態

生徒一人ひとりを
フォローできる授業形態

CLASS FORM

表情を見て常に理解度を把握しながら指導。毎回の復習テストで徹底的に知識を定着させ、確実に成績を向上させる。

京都医塾のクラス授業は10人前後の少人数で行います。授業中、講師が常に生徒の表情やノートをみて理解度を気にかけられるようにするには、やはり少人数でなければなりません。わからないことをわからないままにせず、必ず授業内外でフォローアップする。京都医塾ではそんな風に「生徒一人一人がわかるまで」を大切に日々指導をしています。それを支えるのが、毎回の授業の最初に実施される授業の復習テスト。そこで前回の授業の理解や、知識の定着度合いをはかり、不十分な生徒には授業外でのフォロー、再テスト、課題指導を行い徹底的に知識を定着させ成績を向上させる。 また、京都医塾の個人授業はその名の通り、生徒一人のために講師が黒板を使って授業を行います。個人授業用の教室で講師と生徒が向かい合って授業を行うことで、講師は生徒の表情を見ながら授業を行い、生徒もまた適度な緊張感の中で集中して授業を受けられます。 クラス授業も個人授業も、生徒一人一人が授業に集中し、講師が一人一人を気にかけられるようにこだわって設計しています。

万全のサポート体制

万全のサポート体制

SUPPORT

授業がない日も徹底サポート。三者面談をはじめいつでもできる学習相談。個人授業はご家庭へマンスリーレポートを送付。

第一志望へ現役合格するには学校や塾で授業を受けるだけでなく、自己学習も大切になってきます。しかし自分の部屋にいると何かと誘惑が多かったり、わからないところから少しも進めなくなってしまったり、と、思うように捗らないことも。 京都医塾では一年中自習室を開放しているだけでなく、校舎内に社員講師が常にいて、わからないところがあればいつでも質問を受けられるようにしています。講師室も入りやすい雰囲気で、授業の有無に関わらず、生徒たちが質問や相談をしに気軽に訪れています。 そんな生徒たちの様子は年2回の三者面談の他に、お電話や保護者面談などを通してご家庭にもお伝えさせていただきます。特に進度が見えづらい個人授業の場合、毎月マンスリーレポートをお送りして学習状況をご報告しています。 お電話でのご相談や保護者さまと担当講師の二者面談などはご希望があれば何度でも承りますので、心配事があればご家庭で抱えずにぜひご相談ください。