医学部受験コラム

【岩手医科大学医学部】1年次は寮生活!?入試偏差値や学費について解説!

【岩手医科大学医学部】1年次は寮生活!?入試偏差値や学費について解説!

岩手医科大学は、岩手県紫波郡矢巾町に位置する大学あり、日本で唯一医療系の4学部である医学部、歯学部、薬学部、看護学部が同じキャンパスにある大学です。

また一次試験について、岩手県のみならず、札幌、東京、名古屋、大阪、福岡でも受験可能であるため、多数の医学部を受験することが多い医学部志望者にとって、とても受験のしやすい大学です。

そこで今回は、そんな岩手医科大学医学部の受験を考えている方に向けて、岩手医科大学医学部がどんなところなのか、解説していきたいと思います。

ぜひ参考にしてください。

岩手医科大学医学部の基本情報

入学定員

岩手医科大学医学部の入学定員は、2021年8月時点で、一般選抜が73人、その他学校推薦や学士編入も合わせて約127人となっています。

入試要項

一般選抜の日程は、多くの私立大学医学部と同様、一次試験が1月中旬、二次試験が1月下旬となっています。

ただ、岩手医科大学の入試には様々な方式があります。

一般選抜に加え、岩手県、秋田県、そして東北全体の地域枠、さらには2022年度入試から新設の総合型選抜が開始するなど、かなり複雑です。

そのため、岩手医科大学に入りたいと強く思っている学生は、自分で岩手医科大学のホームページから入試方法を調べるといいでしょう。

特に、岩手県をはじめとする東北の学生は、様々な方式で岩手医科大学に入学できるチャンスがあります。

ぜひ自分にあった入試方式を探してみてください。

学費

続いては学費についてです。

みなさんご存知の通り、私立大学の医学部は他学部に比べて学費がかなり高額となっています。

そんななか、岩手医科大学医学部の学費は、一括払いの場合初年度の費用が9,000,000円、次年度以降が5,000,000円で、6年間合計34,000,000円となっています。

ただし、岩手県の地域枠推薦や学士編入で入った人は、奨学金などの関係上学費が変わってきます。

詳細は、各自岩手医科大学のホームページで確認してください。

岩手医科大学医学部の難易度

次に、岩手医科大学医学部の難易度を、偏差値と倍率の観点から見ていきたいと思います。

偏差値

岩手医科大学医学部の偏差値は62.5となっています。

これは私立大学医学部の中では一番低い偏差値帯となっており、同じ偏差値の医学部には、獨協医科大学、埼玉医科大学、北里大学、聖マリアンナ医科大学、近畿大学、川崎医科大学があります。

また、一つ上の偏差値帯には東海大学、金沢医科大学、藤田医科大学などがあり、偏差値は65.0となっています。

併願校選びの参考になれば幸いです。

倍率

次に、岩手医科大学医学部の倍率を見ていきましょう。

下の表は、2019年度から2021年の倍率と入試結果をまとめたものです。

岩手医科大学医学部は、入試方式が頻繁に変更されているので、あくまで参考程度に見てください。
▼2019年度

入試名 倍率 募集人数 志願者数 受験者数 合格者
一般入試 11.4 90 2951 2834 249
公募推薦 5.0 15 75 75 15
地域特別推薦 2.9 15 43 43 15

▼2020年度

入試名 倍率 募集人数 志願者数 受験者数 合格者
一般入試 10.7 80 2406 2317 216
地域特別C全国 1.8 5 14 14 8
公募推薦 4.8 15 73 72 15
地域特別A岩手県 2.2 15 34 33 15
地域特別B東北 2.5 8 21 20 8

▼2021年度

入試名 倍率 募集人数 志願者数 受験者数 合格者
一般入試 9.4 78 2152 2097 224
地域特別C全国 7.4 5 52 52 7
追試験(一般枠) 若干 3 3 0
公募制 3.0 15 29 29 15
地域枠A岩手県 1.9 15 46 45 15
地域枠B東北 3.8 8 30 30 8
秋田県地域枠 4.0 2 8 8 2

岩手医科大学医学部の特徴

この項では、岩手医科大学の特徴を見ていきます。

実際に合格し入学が叶った時にどのような大学生活になるのか、想像しながら読んでみてください。

充実したカリキュラム

早期体験実習

医者になるために必要なものは、知識以外にもたくさんあります。

その中でも実践力はとても大事になっていきます。

そんな実践力を早期から養えるのが、岩手医科大学医学部の早期体験実習であり、1年次から救急心配蘇生法などを学んだり、3年次には救急車に同乗したりするなど、早期から貴重な体験をすることができます。

参加型臨床実習

5年次には、参加型臨床実習で実際の医療現場に入り、医師として必要な資質を学ぶことができます。

また、スチューデントドクターとして、医療チームの一員となって実際に患者さんに向き合うという実習も行います。

地域に根差したカリキュラム

岩手医科大学医学部では、地域医療の実情に度々触れる機会があります。

1年次から地域医療の現場に行き、実際に地域の方々にヒアリングを行います。

3年次にも医療機関に実際に出向いて5日間の研修を行い、それに関してディスカッションをし、地域医療への理解を深めます。

このような地域に密着したカリキュラムは、岩手県に国公立の医学部がないことも影響しているのでしょう。

1年次は寮生活

岩手医科大学医学部の1年生は全員寮に入ります

この寮は学校から徒歩2分のところにあるので、立地的にはとても良い場所と言えるでしょう。

この寮生活では、当然他人との共同生活となるのですから、チームワークを養うことができます。

将来医者になる学生たちにとってはとてもいい環境と言えるでしょう。

また、寮費は光熱費や食費を含んで、年額836,000円となっています。

キャンパスが綺麗

キャンパスは内丸キャンパスと矢巾キャンパスの2つがあり、それぞれ5、6年生が主に活動するキャンパスと、1~4年生が活動するキャンパスとなっています。

1~4年生の矢巾キャンパスは2007年度と比較的最近にできたため、キャンパスが綺麗な点も魅力です。

岩手医科薬科大学医学部の入試問題対策


さて、ここまで岩手医科大学がどのような大学なのかについて見てきました。

ここからは、みなさんが一番気になっているであろう入試問題について解説します。

ただし、以下は一般選抜についての情報ですので、注意してください。

また、配点は英語と数学が100点、理科が2科目で150点となっています。

英語・数学

岩手医科大学医学部の英語と数学はめずらしく、同じ試験時間内に解くこととなっています。

試験時間は2科目合わせて120分です。

英語は大問が7つで、全てマークシート式です。

発音・アクセントの問題、さらには文のまとまりをよくするために一文を削除する問題など、かつてのセンター試験に似た問題も出題されているのが特徴といえるでしょう。

その他、文法・語法、並べ替えなど割とオーソドックスな問題構成ですが、思いのほか分量が多く、またどの問題にも難問が紛れ込んでおり、「よくある形式の入試」と思っていると痛い目を見ることになるでしょう。

また数学は大問3つ構成で、英語と同じく全問マークシート式となっています。

出題の傾向として、微分積分と確率の問題がほぼ全ての過去問で見られます。

そのため、この2つの分野は重点的に対策しておくと良いでしょう。

しかし、2020年度は確率の問題は出題されず、データの分析が出題されています。

このように、今後もどのように傾向が変わっていくかはわからないため、網羅的な勉強も必要です。

また、問題の難易度的にはそこまで難しくはなく、解法も典型的なものが多いので、標準~発展レベルの問題集の解法を頭に入れておくことができれば、十分に対応可能だと言えます。

理科

理科の試験時間は2科目合わせて120分となっていて、こちらも全問マークシート形式です。

物理

大問は3題で、すべてマーク式(択一式)です。

難易度は基本~標準で、典型題も多いです。

ただし、全大問中1題程度は、他に比べて高度な分析を試す問題が出題されます。

化学

化学は大問3つの構成となっており、第1問が理論化学、第2問が無機化学、第3問が有機化学となっています。

また、小問はつながりがあるわけではなく、その小問で完結する形となっています。

とても広範囲からの出題となっている分、応用力を問う問題はあまりないので、化学の全ての知識を余すことなく持っていれば、全問取り切ることができるでしょう。

ただし、時間にあまり余裕はないので注意が必要です。

生物

生物は大問5つで構成されており、問題量が非常に多くなっています。

また、計算問題が多く見られる他、正誤問題の難易度も高いため、時間内で全て解き切ることはなかなか難しいです。
出題範囲も多岐に渡るため、網羅的な勉強が必要となりますが、その中でも出題頻度の高い、遺伝情報や恒常性、生殖・発生の分野には特に力を入れて知識を身につけておくべきでしょう。

二次試験

次に、二次試験についてです。

一番重要なのは、岩手医科大学では以前あった小論文の試験がなくなり、その結果二次試験が面接のみになっているという点です。

面接で問われることで頭に入れておきたいこととしては、自己PRがあることや、岩手に関する質問が多いことでしょう。

また、寮生活に関する質問もあるので、ある程度の大学情報は頭に入れておくべきでしょう。

なお、面接の配点は50点であり、一次試験の点数に面接の点数を加えた成績上位順に合格者を選抜します。

ただし面接において大学が設定する基準に満たない場合は、成績順によらず不合格となる場合があります。

岩手医科大学を目指すなら京都医塾で

ここまで、岩手医科大学医学部について解説してきました。

岩手医科大学は、私立医学部のなかでも一番低い偏差値帯で、倍率もそこまで高くないということから、簡単に入れるのではないかと思った方もいるのではないでしょうか。

しかしそんなことはありません。

これはあくまで「私立大学医学部の中で」の話なのです。

私立大学医学部というのは非常に狭き門で、実は8.59%の人間しか受かることができません

これは独学では非常に厳しい世界であるため、予備校を探している学生も多いことと思います。

今回はそんな方に向けて、おすすめの予備校を紹介します。

それは、毎年岩手医科大学医学部に多数の合格者を出している、京都医塾です。

オーダーメイドカリキュラム

京都医塾の合格実績の秘訣は、オーダーメードカリキュラムにあります。

京都医塾では生徒一人に対し、専属講師が平均13人付きます。

この専属講師たちによって、全ての生徒に対してその生徒にあったカリキュラムが提供されるのです。

さらにそのカリキュラムは、週1回行われる個人個人のカウンセリングと月3回の科目別会議により、その生徒の最新の状況に合わせたものへと刷新されていくのです。

体験入学受付中

そんな京都医塾では、京都留学と呼ばれる体験入学を受け付けています。

これは、1泊2日で京都医塾のカリキュラムや7割が京大卒である厳選された講師陣を直に体験してもらおうというもので、宿泊費や交通費は全額予備校側の負担となっています。

さらに、合格までの道のりもプランニングしてもらえるため、1泊2日のみにも関わらず合格に大きく近づくことができます。

この体験入学は随時受け付けていますので、興味のある方は京都医塾までお問い合わせください。