医学部受験コラム

【北里大学医学部】大学の強みや偏差値・入試情報まとめ

【北里大学医学部】大学の強みや偏差値・入試情報まとめ

北里大学医学部ってどんなところ?

キャンパスの場所

医学部のある北里大学相模原キャンパスは神奈川県相模原市に位置し、首都圏の横浜や名所鎌倉へもアクセスの良い好立地です。

在籍者数

北里大学医学部には男性435名、女性312名の計747名が在学しています(2021年5月1日現在)。

それに対して医学部の教員数は1,120名のため、医学部の学生1人あたりを指導できる教員数は単純計算で1.5人となり、1人の学生を教員1名以上で指導できます。

一方、同じ入試ランクの帝京大学の場合はどうでしょうか。

医学部の在籍者数が789名、教員数が401名(2020年度)となるため、1人の教員が約2人の学生を指導しなければなりません。

北里大学は、教員の負担が比較的少なく一人ひとりに対して充実した教育を行うことができる大学だという見方ができます。

学費

北里大学医学部の学費はいくらかかるのでしょうか。

まず1年次は入学金・授業料など合わせて9,000,000円となっています。

そして2~3年次は年額6,400,000円、4~6年次は年額5,700,000円のため、6年間で納める金額は合計で38,900,000円となります。

同じ東京都の日本大学は33,100,000円、神奈川県の聖マリアンナ医科大学は34,730,000円など、多くの私立医学部の学費は30,000,000円台前半に抑えられるため北里大学はかなり割高であるといえます。

金銭面は志望校決定のうえで外せない要素ですが、学費が高いことは決してマイナスなことばかりではありません。

それだけ学内の設備や学習環境が充実しているということでもあります。

北里大学医学部の強み

ここでは北里大学の強みを3つ紹介します。

一つ目は1年次から行われる病棟での当直実習です。

実習当日は指導医からの説明を受けた後、翌朝まで当直業務を体験します。

こうした経験を通じて、医師としての仕事を肌で感じることができるのです。

二つ目は5年次に実施するチーム演習です。

北里大学ではチーム医療を重視しており、薬学部や看護各部など他学部の学生と「オール北里チーム医療演習」を行うことで職種間の相互理解およびチームワークの推進に取り組んでいます。

そして3つめは6年次に用意されている海外留学です。

北里大学は海外4大学と提携しており、学生は希望に応じて現地大学へ留学することができます。

北里大学医学部の偏差値と倍率

ここでは、北里大学の難易度について、偏差値と倍率を見ながら解説していきます。

偏差値

北里大学医学部の偏差値は62.5です。

同じ偏差値帯には、帝京大学・杏林大学・東海大学・聖マリアンナ医科大学が並びます。

少し上の偏差値67.5では自治医科大学・昭和大学・東京医科大学が位置し、今度はワンランク下の偏差値62.5を見てみると獨協医科大学・埼玉医科大学があります。

偏差値的に、北里大学は全国の私立医学部において標準的あるいはやや狙いやすい難易度であるといえます。

倍率

今度は入試倍率をチェックしましょう。

過去3年間の入試データは下の表の通りです。

▼北里大学医学部の入試データ
2019年度

入試日程 倍率 募集人数 志願者数 受験者数 合格者数
一般入試 5.9 78 1779 1704 288
山梨県地域枠 2 11 10 0
茨城県地域枠 2 7 7 0
相模原市枠 51.0 2 105 105 2

2020年度

入試日程 倍率 募集人数 志願者数 受験者数 合格者数
一般入試 7.9 72 1886 1819 231
山梨県地域枠 20.8 2 84 83 4

2021年度

入試日程 倍率 募集人数 志願者数 受験者数 合格者数
一般入試 4.5 72 1860 1771 397
相模原市枠 13.8 2 55 55 4

北里大学では相模原市の地域枠を除く全ての入学者が一般入試によって選抜されています。

一般入試の倍率はおよそ4.5~8倍弱となっています。

偏差値のところでも触れたように、北里大学医学部は私立医学部の標準的なレベルにあります。

標準的な問題をミスなく確実に解くことができれば、きっと合格は見えてくることでしょう。

入試形式と出題傾向

北里大学医学部の一般入試募集人数は74名です。

この中に入るため、入試の形式を徹底的に研究しおきましょう。

学力試験の科目は外国語(150点)、数学(150点)、理科2科目(200点)で、数学以外は全てマーク式です。

外国語(英語)

英語は70分で7題構成です。

文法に関しては短文完成問題が毎年出題されています。

また2021年度からは与えられた短文に続く適切な文を選ぶという、他ではあまり見ないような問題も出題されるようになりました。

文法構造と意味の両方をしっかり考えないと解けない問題がよく出題されている印象で各設問をしっかり考える必要があるのですが、全体としても問題量は多くそこまで1つの設問に時間をかけることもできず、受験生の適切な判断力が問われるタイプの入試です。

数学

数学は基本的に中堅私大レベルの典型的な問題となります。

私立大学としては珍しく記述式を導入しており、証明問題や微分・積分がよく出題されます。

特に微分・積分は図形分野との融合問題もあるため、国公立大学上位レベルまで演習しておきたいところです。

理科

理科の試験時間は2科目100分なので、1科目に割ける時間は50分と考えておきましょう。

物理は大問は3題(うち小問集合1題)で、すべてマーク式(択一式)です。

難易度は基本~標準で、典型題も多いです。しかし、時間に対して設問数が多いため、手際よく解き進める必要があります。

なお、原子物理は出題範囲外です。

化学は5題構成で、大半が基礎~標準レベルの問題です。

やみくもに難しい問題に手を出すのではなく、基本的な問題をきちんと解いて試験に備えましょう。

また計算問題が多いので、よく練習しておくべきです。

生物は大問3題です。

用語を問われる基本的な問題もありますが、選択肢の数が非常に多く、正しい選択肢を探し出すのに時間がかかります。

正誤問題の形式も多く、基礎知識を定着させたうえで慎重に文章を読む練習をしておく必要があります。

実験考察問題も出題され、複雑で難度が高いものが多いため、与えられた設定を丁寧に読み解き、目的を素早く把握することを意識して取り組みましょう。

面接/小論文

面接は個人面接もしくはグループ面接です。

面接官が3人いて、20~25分間で行われます。

質問内容は医師を志す理由といったありふれたものから、医学部の不適切入試に対する意見を求められるなどリアルな社会問題に切り込むものまで様々です。

小論文は資料の文章を読み、3問程度の設問に答える形式です。

試験時間は90分です。

過去問研究は必須

入試の出題傾向は大学によって大きく異なります。

そのため自分の志望校については出題傾向をきちんと把握しておかないと、がむしゃらに勉強しても徒労に終わってしまいます。

中には予備校の先生が教えてくれるからといって自分でまともに過去問を見ようとしない生徒もいます。

特に個別指導の場合、講師に頼りきって言われたことしかやらない生徒も一定数います。

しかし、やはり自分で過去問を調べるかどうかで出題傾向の理解度は大きく変わってきます。

幸い北里大学の一般入試は過去問が公式に公開されています。

合格のためには過去問が必須であるということを肝に銘じておきましょう。

北里大学医学部を目指すなら京都医塾へ

医学部特化!北里大学の合格実績も多数

京都医塾は医学部受験を専門とする予備校です。

全国各地の医学部へと合格者を送り出してきた実績があります。

そうして積み上げられてきた合格ノウハウは、皆さんの心強い味方になるはずです。

フルオーダーカリキュラム

京都医塾の最大の強みは、生徒一人ひとりの学力・目標に合わせたフルオーダーカリキュラムに基づいて基礎から徹底的に指導できる点です。

大手予備校などではクラス全体の平均に合わせて授業が行われるため、どうしてもレベルが合わない・志望校に特化した対策を学びづらいといった不安があります。

しかし京都医塾は個別指導と集団指導の両方の形態をとっており、一人ひとりの生徒によってどのように組み合わせていくかを考えてカリキュラムを組んでいます。

みなさんの学力レベルに合わせた指導を行い、志望校の入試突破に必要とされる能力を効率的に鍛えることができるのです。

80名以上の社員講師が在籍

京都医塾には80名以上の社員講師が在籍しており、常駐している講師にいつでも気兼ねなく質問できる環境も整っています。

1日の授業が終わって自習に励んでいると、その日に習った内容で疑問が生じることもあるかと思います。

そして授業担当の先生に質問したいと思っても、大手予備校などでは既に他校舎の授業などに向かってしまったというケースも少なくありません。

京都医塾は専任の講師を採用しているため、いつでも頼りにすることができます。

受験生が勉強に集中するための徹底した環境づくり

受験生のみなさんは高校や予備校で、せっかく時間を作って自習室へ行ったのに座席が埋まっていて、勉強場所に困ったり時間を無駄にしたりといった経験があるのではないでしょうか。

自習室に行くのは勉強しようという気持ちの表れですよね。

京都医塾では一人ひとりに自習スペースが割り当てられており、座席の確保に余計なストレスを感じる必要もありません。

京都医塾では、医学部を本気で目指す受験生が勉強だけに集中できるよう、指導および環境作りに日々尽力しています。

まとめ


ここまで北里大学医学部の特徴、教育の特色、入試対策について解説してきました。

北里大学は好立地に加え、学生1人あたりの指導教員数が他大学よりも多いため、よりきめ細かい指導が見込まれます。

そして豊富な実習や留学のチャンスに恵まれ、実戦的な医療演習を通じて協調性を育むことができます。

学費面の問題をクリアできれば、絶好の学び場となるでしょう。

しかしそれだけに毎年多くの受験生が北里大学の狭き門を目指します。

入試は標準的なレベルまで確実に仕上げておく必要があります。

入試までに残された時間を有効に使えるかどうかが合否のカギを握ります。

そして北里大学医学部を目指す方におすすめなのが医学部専門予備校の京都医塾です。

京都医塾は数多くの受験生を志望校合格へと導いてきた実績があります。

医学部受験の塾・予備校をお探しの方は、ぜひ京都医塾へご相談ください。

お問い合わせは年中無休で受け付けています。