医学部受験コラム

【慶応義塾大学医学部】偏差値や学費、入試問題を徹底解説!

【慶応義塾大学医学部】偏差値や学費、入試問題を徹底解説!

100年以上の歴史のある慶応義塾大学医学部。

同学部は細菌学の権威として有名な北里柴三郎によって創設され、医療と研究を軸とした「基礎臨床一体型」の教育を実践してきました。

そんな慶応義塾大学医学部では、学生にハイレベルな学習環境を提供しているとあって、毎年多くの受験者が難関に挑んでいます。

今回の記事では、慶応義塾大学医学部の合格を目指している人たちに向けて、同大学医学部の偏差値や学費、入試問題を中心に情報を一挙にまとめました

慶応義塾大学医学部の基本情報

まずは、慶応義塾大学医学部の基本情報について解説していきましょう。

入学定員と入試要項、学費について詳しく説明していくので、ぜひ参考にしてください。

入学定員

2021年度における慶応義塾大学医学部の入学定員は、110人となっています。

110人のうち66名が一般選抜で選ばれ、44名は系列の高校の内部進学希望者の中から選ばれます。

入試要項

入学定員の説明に続いて、入試要項についても押さえておきましょう。

慶応義塾大学医学部の試験は1次試験と2次試験の計2回に分けて行われます。

2021年度の試験日程は、1次試験が2021年2月、2次試験が同年3月1日に行われるというものでした

試験内容は他の私立大学と同じく英語や数学、理科2科目、小論文が課されています。

出願時は登録の際に、主体性や多様性、協同性に対する私見を述べるよう求められますので、あらかじめ答えを用意しておいてください。

なお、新型コロナウィルスに罹患、もしくは同ウィルス感染者の濃厚接触者に該当される人に関しては追試験の措置が取られています。

学費

慶応義塾大学医学部の学費は約2,200万円で、私立大学医学部の中では比較的、低額なものとなっています。

一括で支払うのが難しい家庭の場合は、学費についてのみ2回に分割して納めることが可能です。

慶応義塾大学医学部の難易度

慶応義塾大学医学部は、国内でも有数の難関校として知られています。

この項では、そんな慶応義塾大学医学部の偏差値や受験倍率を解説していきましょう。

偏差値

慶応義塾大学医学部の偏差値は72.5で私立大学医学部の中ではトップの値となっています。

この偏差値は、日本の最高学府の医学部と同じ数値です。

参考までに、他の私立大学医学部の偏差値を10校分ピックアップしましたので、ご覧ください。

・順天堂大学医学部:70.0

・関西医科大学医学部:67.5

・日本大学医学部:67.5

・東京医科大学医学部:67.5

・東北医科薬科大学医学部:67.5

・関西医科大学医学部:67.5

・杏林大学医学部:65.0

・藤田医科大学医学部:65.0

・金沢医科歯科大学医学部:65.0

・久留米大学医学部:65.0

倍率

続いて倍率に関しても見ていきましょう。

私立大学の医学部の平均倍率は約28倍となっていますが、2020年度の試験における慶応義塾大学医学部の倍率は7.0で全国平均を大きく下回っています。

これは他の難関大学にも見られる傾向で、受験者の中でも合格に絶対の自信のある人しか挑戦しないことから、いわゆる「最高峰」と呼ばれる医学部は倍率が低くなるのです。

▼2018年度(2017年4月から2018年3月)までの入試結果に基づくデータ

学部|学科 入試名 倍率 募集人員 志願者数 受験者数 合格者数
医学部 一般入試合計 7.4 68 1525 1327 180
医学部|
医学科
一般入試 7.4 68 1525 1327 180

▼2019年度(2018年4月から2019年3月)の入試結果に基づくデータ

学部|学科 入試名 倍率 募集人員 志願者数 受験者数 合格者数
医学部 一般入試合計 8.2 68 1528 1296 159
医学部|
医学科
一般入試 8.2 68 1528 1296 159

▼2020年度(2019年4月から2020年3月)の入試結果に基づくデータ

学部|学科 入試名 倍率 募集人員 志願者数 受験者数 合格者数
医学部 一般入試合計 7.0 66 1391 1170 166
医学部|
医学科
一般入試 7.0 66 1391 1170 166

慶応義塾大学医学部の特徴

慶応義塾大学医学部には伝統に基づく特徴や、フィジシャン・サイエンティスト育成に力を入れているといった特徴があります。

こちらの項では、慶応義塾大学医学部の特徴について見ていきましょう。

長い歴史の中での縦のつながりが、将来の強みに

慶応義塾大学医学部は1917年、細菌学の権威と言われた北里柴三郎を初代学部長として設立されました。

100年以上もの歴史を持つ伝統校ですからOBやOGの人数も多く、OB会などでは寄付という形で学生を大きく支援してくれています。

OB会の恩恵は、これだけではありません。

慶応義塾大学医学部には、OB会とともに100年間かけて作り上げた医学・医療に関する全国ネットワークが存在します。

慶応義塾大学医学部は、約100もの関連病院や35の教育病院、さらに国内外の研究機関と連携して医学の発展を実現しています。

このようにOBやOGとのつながりこそ、慶応義塾大学医学部ならではの強みなのです。

フィジシャン・サイエンティストの育成

慶応義塾大学医学部が特に力を入れている分野が、フィジシャン・サイエンティストの育成です。

フィジシャン・サイエンティストとは、患者の治療を行いつつも日々医療の研究に取り組み自己研鑽を怠らない考え方を指します。

先進医学の発達のスピードは目まぐるしく、研究を怠った場合すぐにスキルや知識が通用しなくなってしまいます。

慶応義塾大学医学部ではそういったケースが発生しないよう、良医を育てるだけでなく医療に対する探究心も育む教育を実践しているのです。

総合大学の強みを活かした、他学部との合同教育

慶応義塾大学医学部では総合大学の強みを活かし、看護医療学部や薬学部との合同教育も行っています。

この合同教育を実施することで「チーム医療」に対する理解が深まる他、個々人のコミュニケーション能力が向上します。

チーム医療への理解が深まり、かつコミュニケーション能力が発達すれば患者中心のグループアプローチが実践可能な高度な人材となるでしょう。

慶応義塾大学医学部の入試問題対策

さて、ここから先は慶応義塾大学医学部の入試問題の対策方法について解説していきましょう。

慶応義塾大学医学部の一次試験では英語と数学、加えて理科二科目が課されます。

科目ごとに分けて解説しますので、ポイントをしっかり押さえていってください。

英語

英語は5題から7題ほど出題されます。

和訳や内容説明、空所補充は頻出なので必ず学習しておきましょう。

長文問題は医療系のものに限らず、マナーやコミュニケーション、社会問題を取り上げたものも出題されます。

英語は非常にボリュームのある試験内容となっていますので、日英ともに記述力を鍛えておくとともに、応用力も身に付けておいてください。

数学

数学は、小問を含んだ大問が4題出題されるケースが多く見られます。

数学Ⅲの微分・積分の証明問題がよく出題され、難易度は難関国立大学クラスです。

他にも論証能力や計算処理能力の両方の力を問う問題が出題されるため、総合的な学習をしておく必要があります。

数学の学習では最難関国立医学部レベルの過去問で徹底的に演習をし、十分な実力を身に付けておきましょう。

生物

生物は大問が3題課されます。

核酸とタンパク質合成に関わる問題や、神経系・筋肉に関わる問題がよく出されます。

生物の試験では語句に対する意味を正確に理解していないと、実験問題も文章問題も満足に解くことはできません。

そのため学習の際は、最初に語句の意味をきちんと覚えることから始めてください。

語句の意味を覚えたら、実験問題をくり返し演習して解き方に慣れておくとよいでしょう。

生物の場合は専門知識があればあるほど問題が解きやすくなりますので、できるだけたくさんの専門書を読んでおいてください。

化学

化学は例年、大問が3題出題されます。

原子の構造と化学結合に関する問題や反応の速さと化学平衡、そして脂肪族に関する問題が多く出題されています。

化学の場合、大問数が少ないことに加えて難問がほとんど出題されないため、定番問題を解けるだけの知識が定着していれば高得点を狙えるはずです。

ただし、計算問題では導出過程を求める問題や、語句を説明する問題が数多く出題されることから、記述問題の対策をしていないと時間が足りなくなってしまうおそれがあります。

化学を学習する際は、計算問題を素早く解く練習をしておき、内容がともなった回答を導き出せるようにしておきましょう。

物理

物理は大問2題、そして小問集合で構成されています。

物理の試験は磁場・電磁誘導や放射線・核反応、さらに気体の状態変化に関する問題がたびたび出題されています。

とくに放射線・核反応はほぼ毎年出題されていますので、しっかり押さえておきましょう。

また、物理の問題は難易度が高いものが多く、特に力学や電磁気は高難度なものが出題されます。

難関国立レベルの過去問集をくり返し解いて、柔軟な思考力と高い計算力、問題をきちんと読み取る読解力を養ってください。

まとめ

慶応義塾大学の医学部は、私立大学の中でも指折りの難易度を誇っています。

偏差値72.5は日本最高学府と肩を並べるほどの数値ですから他の大学に挑む場合よりも、より一層、学習に励む必要があります。

そのため慶応義塾大学医学部を志す人たちの中には、充実した環境で効率よく勉強したいと思い、予備校や塾を検討している人も多くいるはずです。

そんな人にぜひおすすめしたいのが、医学部専門予備校の「京都医塾」です。

京都医塾は医学部に特化した予備校と知られ、これまでも数多くの利用者を医学部へと送り出してきました。

そんな京都医塾では、利用者一人ひとりの実力に合わせたオーダーメイドカリキュラムを用いて授業をする他、個人専用の学習ブースを用意して利用者をサポートしています。

加えて利用者一人につき平均12名の講師が指導をしてくれますので、得意科目を伸ばしつつ弱点科目を補うといった柔軟性のある勉強が期待できます。

さらに、管理栄養士の手による食事補助整体師によるマッサージカウンセラーによるメンタルケアなどまさに至れり尽くせりの態勢で合格まで導いてくれるので心配いりません。

慶応義塾大学医学部を目指すのであれば、確かな実績と信頼のサポート体制が充実している京都医塾がおすすめです。

一泊二日の体験入学も受け付けていますので、興味がある方は電話やメールで申し込んでみるとよいでしょう。

入塾テスト無し、交通費、宿泊費負担の無料体験から

電話でのお問い合わせ 0120-546-747 営業時間 9:00-22:00(年中無休)

1泊2日の京都留学体験はこちら