合格者インタビュー

大村 蒼
2018年度
国際医療福祉大学 医学部医学科 合格
大村 蒼
同志社大学(再受験)

自分の力を信じて

私は大学在学中に医学部への再受験を決め、京都医塾に入塾したのも夏からでした。他の受験生よりも遅く勉強を始めたという焦りがあり、何より受験科目のうち生物・化学・数学はほとんど見学習だったので1年間でどのように合格するかというプランニングが大変でした。京都医塾の朝8時に登校し22時まで自分のブースで勉強することができる環境はとてもありがたいものでした。ひとり一人生徒に担当の先生がついているので生活面や勉強面で困ったことがあればすぐに相談できることはとても安心して学習できました。自分の努力の力を信じること、そしてそれを信じてくださる先生方がそばにいてくださることが合格するためのエッセンスだと信じています。できる出来ないは別にして求められることよりも上を行く努力を心がけていました。これから医学部を目指す方も頑張ってください。