合格者インタビュー

西村 敏希
2015年度
京都府立医科大学 医学部医学科 合格
西村 敏希
洛星高校 出身

個別を最大限活用して京都府立医科大現役合格

僕が京都医塾に入ったのは他の人より遅くて中3の冬からでした。その頃京都医塾の集団は学校よりも先に進んでいたので全くついていけず、個別で色んな科目の知識を詰めてから集団に入っていきました。特に英語は大の苦手で洛星の中でも下の方でした。それでも、常に「他の生徒からは遅れている」という意識があり、ついていくのに必死でした。でも徐々に成績が上がっていったことが大きな励みになり努力を続けることができたと思います。苦手だった英語も最後は模試で偏差値70以上を取ることができるようになっていました。最終的にセンター試験では91%の得点を取ることができましたが、センター試験後も数学と物理は個別で府立医対策をしてもらいました。正直言うと、本当に府立医大に現役で合格できるとは思っていませんでした。その目標を達成できて本当に嬉しく思います。