講師

河合 遼太
河合 遼太
北海道大学大学院 工学研究科

MESSAGE

国語以外の科目を勉強するためにも、読解力が必要です。まず、新しい言葉を覚えるために読解力が役に立ちます。言葉の意味について考えれば、理解して覚えられるので、勉強が楽しくなります。また、問題を解くためにも、読解力が役に立ちます。問題文を読んで情報を得て、その情報を図に描いて整理しなければ、問題を解けません。このように、文章を読んで状況を想像する力は、物理以外の勉強のために必要です。そのため、本を読む時間をつくるようにしましょう。

PROFILE

高校生のときには物理が好きで、工学部の応用物理学専攻に進み。大学の勉強内容はほとんど理論物理のみという学生生活を送る。卒業後は、得た経験を教育に活かすために京都医塾に入社。公式や物体の運動をイメージすることによって、楽しく物理を勉強できるように意識している。