講師

井上 宥二
数学科
井上 宥二
京都大学 総合人間学部

MESSAGE

医学部受験の数学で大切なことは、「思考する力をつける」ことです。受験という舞台では、ただただパターンを暗記し、それをいかに再現できるかが一番大切である、という考えもありますが、それでは数学に面白みを感じられず、モチベーションを維持できるでしょうか?例えば1つの公式、定理にも、その根底に明確な理論が存在するのです。それらを噛み砕いてわかりやすく皆さんに伝え、合格の一助になるように取り組むのがわたしたちの使命です。指導していて最も達成感を感じる瞬間は、理論が消化されどうしても分からなかった問題が解決できた時の、生徒の素晴らしい表情を見たときです。それが私が頑張り続ける原動力です。

PROFILE

高3の夏休みまで山岳部で登山に熱中し、その後必死に受験勉強に励み、現役で京都大学に合格。大学時代は公共政策学の研究の傍ら、塾講師のアルバイトに精を出す。論理的思考が大好きであり(理屈っぽいとも言う)、数学の美しさに引かれ、数学科講師に。思考・論理を伴うものにはなんでも興味を持ち、英語、国語などの文系科目も得意。趣味のテレビゲームでも、攻略法をじっくり考えることに至高の喜びを感じる。