合格者インタビュー

井上 浩太朗
井上 浩太朗
2020年度
関西医科大学 医学部医学科
井上 浩太朗
真和高校

「話しやすい・質問しやすい・わかりやすい先生」

京都医塾の良いところは先生が、「話しやすい・質問しやすい・わかりやすい」です。今までの自分は疑問に思うと調べないと気が済まず、時間を無駄にすることが多かったのですが、京都医塾の先生は何を聞いてもわかるまでいろいろな説明をしてくれました。授業でも生徒に合わせてプリントを作ってくれるので、自分のできていないところが確認でき、効率的に弱点が補強されました。京都医塾で学び、勉強の質・量が100倍になったと感じています。何より時間の使い方、計画性が身についたと思います。15分単位のスケジューリングで、最初はきつくてなかなかこなせませんでした。しかし先生が何をどうしたらよいか、明確に示してくれるのでだんだんこなせるようになりました。  またそれぞれの授業の質が高く、すべてが思い出に残っています。英語はネイティブの考え方や感覚から学ぶことで知識が深まり、面白くなりました。数学は毎日計算テストで計算力がつきました。化学は関連知識をたくさん教えてもらい、理解しやすかったです。生物はレクリエーションで行った植物園で、先生が解説ツアーをしてくれ、授業と実物がつながってとても面白かったです。国語は授業でやったことが本番の面接で聞かれたので、とても役に立ちました。小論文もずっと練習してきたので、「このテーマが来たらこれ」という感じでどんな問題にも対応できる様になりました。  受験勉強の中で一番しんどかったのは復習テストで思うような結果が出なかった時です。それでも何度も書いたり、読んだり、時に周りの人にアドバイスをもらったりしながら何とか食らいついていきました。また自分のブースの壁も有効に活用していました。できなかったことを紙に書いて貼ったり、あるいは授業で初めて知ってわくわくした内容を貼ったりして毎日見ていました。こうして1年で合格できたのは京都医塾で学んだおかげだと思います。 これから医師を目指す人に伝えたいことは「覚悟を持って勉強するのみ」ということです。そしてメンタルを保つことです。リラックスするときはしっかりリフレッシュし、切り替えることが大事です。心に余裕をもって頑張ってください。