合格者インタビュー

政田 彩映
政田 彩映
2020年度
金沢医科大学 医学部医学科
政田 彩映
岡山高校

「京都医塾を信じて頑張ればきっと春は来ます」

私は小学生の時、白血病の女の子と出会い、闘病中の苦しみや寛解後の喜びに満ちた生活を近くで見て、自分も医師になりたいと思いました。そしてようやく今、医学部に進めることになりました。 京都医塾に来て、勉強の質が100倍になりました。自分専用のプリントを作ってもらい、勉強の仕方で困ったことがあれば逐一先生に聞いて修正し、効率よく勉強出来ました。今までと比べて同じ時間でも、入る知識量が全然違いました。京都医塾はパンフレットの載っているたくさんの先生が実際に常駐しており、皆、知識の量が半端でなく、尊敬できる人でした。覚えるべきところをしっかりと明示し、知識だけでなく詳しい背景も説明してくれて学問への興味が深まりました。テキストだけでなく、わかりやすいプリントで補強してくださったり、一人一人の解答を見て、それぞれに向けて解説して下さるなどとても手厚い授業でした。東京受験のサポートもとても良かったです。受験直前の不安から解放され、受験を終えて帰ってくるとみんながいるという安心感、その日のうちにわからないことを解消し、次の日に活かせるなど大変役立ちました。 京都医塾の1年で何より勉強に対する姿勢が変わりました。先生方のおかげで勉強をすることが苦痛でなくなりました。小さい暗記ノートを作って毎日見たり、自分のしたミスを書き出して、スマホの待ち受けにしたりといろいろ工夫して効果的な勉強ができたと思います。 しかし、2月の入試に全て落ちたときは、ポジティブなはずの私も今までにないくらい落ち込みました。しかしブースで泣いていた私を励まして下さった先生方、散歩に連れ出して元気づけてくれた友人、いつも体調を気遣って労わって下さる事務のお姉さん方、多くの人に支えてもらいました。おかげで辛さにへこたれることなく、今までやってきた自分を信じて最後までやり切ることができました。また合格体験記を読みまくって元気をもらいました。まさか自分もそんな合格体験記を書けるとは思っていませんでしたが、京都医塾を信じて頑張ればきっと春は来ます。だから結果が出なくて、どれだけつらくても最後まで走り抜いてください。 この1年は京都医塾の先生方やスタッフの方々の支えがないと絶対に頑張り抜けなかったと思います。未熟な私を医学部合格へ導いて下さり、本当にありがとうございました。