合格者インタビュー

藤田 賢冴
2016年度
京都府立医科大学 医学部医学科 合格
藤田 賢冴
洛星高校 出身

早くからプランを立てて京都府立医大現役合格!

兄が府立医科大学に通っていることもあり、兄には負けたくない、同じ大学に行きたいとずっと思っていました。だから「受験で大切なことはプランニングだ」という代表の言葉を聞き、早くから準備を重ねていました。具体的に言うと理系科目は自信があったのですが、文系科目が苦手だったので個別指導も活用しながら強化していきました。京都医塾の先生からは理系科目で点を稼ぎ、文系科目は足を引っ張らないようにしよう、という戦略を早い段階で立ててもらっていたので、安心して学習を進めることができました。その成果もあって模試でもある程度良い判定が出るところまできたのですが、受験前にはすごく不安になることもたびたびありました。そんなとき、京都医塾の先生から励ましの言葉を頂き、何とかセンター・2次と乗り切ることができました。京都医塾には勉強面だけでなく、精神的に支えてもらったことを感謝しています。高校生の皆さんには「受験はプランを立てることがすごく大切ですよ」とお伝えしたいです。