合格者インタビュー

安田 有里
2012年度
川崎医科大学 医学部医学科 合格
安田 有里
京都女子高校 出身

自信を持って臨んだ入試本番

私は高校在学中から京都医塾に通っていました。現役生の時は薬学部に合格することができたのですが、医師になる夢を諦めきれず、もう一年間、浪人生として頑張ることを決めました。大手予備校も選択肢にあったのですが、総合大学と違い私立の医学部はそれぞれに特色があったので、その対策を万全にしてくれる京都医塾に続けて通うことにしました。一番良かったのは、過去問対策だけではなく、普段の授業内容も私の志望校に合わせた内容にしてくれたことです。また、浪人生として毎日授業を受けるようになると、それまで得意科目だと思っていた教科も穴だらけだと気付きました。そのせいで、何度も何度も心が折れそうになりましたが、それでも何とか乗り越えることができたのは、厳しくも優しい京都医塾の先生方のおかげです。最後は、『ここまでやったんだから合格できる!』と強い自信を持って本番に臨むことが出来ました。京都医塾の先生方、たくさんご迷惑をおかけしましたが、本当にありがとうございました。