京都医塾公式ブログ

福岡大学の一般入試の過去問対策・出題傾向まとめ【物理編】

福岡大学の一般入試の過去問対策・出題傾向まとめ【物理編】


京都医塾物理科です。このページでは「福岡大学の物理」についての過去問分析コメントを紹介します。
・“医学部受験に興味がある”という方
・“福岡大学”の受験を考えている方
・“福岡大学の物理がどのような問題か知りたい”という方
におススメの記事となりますので、興味のある方はご一読ください。

概要

【形式・制限時間・配点】2021年度(最新の問題より) 
形式:記述式
時間:2科目120分

大問数:3題(マーク式ではないが、このうち択一式が2題)

配点:100点(筆記試験全体の配点は400点)

出題の傾向と特徴(6年分)

2016年度以降の6年分について、分野別の傾向をまとめます。

【力学】

毎年、1題は出題されています。出題テーマは

・「円弧状の管内を運動する2球の衝突(2021)」

・「摩擦のない斜面上をすべる物体と三角台の運動(2020)」

・「加速度運動をする電車内での小球の運動(2019)」

・「円管内部における2球の繰り返し衝突(2018)」

・「摩擦のある水平面上における2物体の運動(2017)」

・「エレベーター内におけるばね振り子(2016)」

です。大問3題中1題は択一式でないやや難易度の高い出題がなされますが、2017年度以降は全てこの大問に力学が選ばれています。そのため、通り一遍では解けないように工夫された設定での出題が目立ちます。2021年度と2018年度は、いずれも2球の衝突がテーマとなりました。一直線上での2球の衝突は、(i)運動量保存則と、(ii)はね返りの式の2式連立が基本となります。解法選択で迷うことのないように、類題をしっかり解いておきましょう。

【電磁気】

毎年、1題は出題されています。出題テーマは

・「金属板や誘電体を挿入したコンデンサー(2021)」

・「電流計・電圧計(2020)」

・「RLC交流回路(2019)」

・「微視的に見た抵抗のモデル、半導体ダイオードを含む回路(2018)」

・「点電荷のつくる電界・電位(2017)」

・「点電荷のつくる電界・電位(2016)」

です。これらから分かるように、電磁気は全ての単元から幅広く出題されていますが、どの単元からの出題も、基本的な内容を重視したものになっています。そのため、教科書傍用問題集を用いた基礎固めが非常に有効です。

【波動】

毎年、力学と電磁気から1題ずつ出題され、残りの1題は波動か熱力学のいずれかから選ばれています。2016年以降における出題テーマは

・「薄膜干渉(2020)」

・「ガラス内を通る光の進路、くさび形空気層(2019)」

・「正弦波のyxグラフ(2018)」

です。波の干渉に関する題材が3回中2回出題されており、頻出と言えるでしょう。波の干渉、特に光波の干渉については、その干渉条件の式が、

 強めあう条件:光路差\(=m\lambda\)

 弱めあう条件:光路差\(=(m+\frac{1}{2}\lambda)\) (\(m\):整数,\(\lambda\):真空における波長)

 ※ ただし、反射で位相が \(\pi\) ずれる(逆転する)ごとに、条件式が反転する。

とまとめられます。重要な関係式なので、必ず押さえておきましょう。

【熱力学】

2016年以降における出題テーマは

・「液体を載せたピストンで閉じた気体の状態変化(2021)」

・「気体の混合(2017)」

・「pTグラフ(2016)」

です。2021年度こそ初見ではやや難しいと感じた受験生もいたと思われますが、それ以外はオーソドックスです。pVグラフで囲まれた面積が外部にした仕事を表すことや、等温・断熱・定積・定圧といった典型的な状態変化における特徴、また熱効率の定義式(\(e=\frac{W}{Q_{in}}\))などは、教科書などを通して事前に完璧にしておきましょう。

【原子物理】

直近6か年での出題はありません。ただし、出題範囲からの除外が明言されているわけではないので、注意してください。

【制限時間に対する問題量】

2021年度は2科目120分で大問3題を解答する必要がありました。1科目60分と考えると、大問1題あたりの時間は20分となり、他の私立医大に比べて時間制限は緩いものとなっています。思考に使える時間は十分にあるため、複数の角度から導いた答えを検証できるように、様々な解法に習熟しておくとよいでしょう。

まとめ

難易度は基本~標準であり、典型的な問題が多く出題されます。例年、大問3題中の1題に択一式ではない力学が出題されますが、近年は特にここで思考力を試そうとする傾向が強まってきています。とは言え、私立医大全体の中では最も与しやすい大学の1つであることに変わりはありませんので、合格のためには9割以上の高得点を目指しましょう。

京都医塾ではご相談・体験授業を随時募集しています。下記リンクからお気軽にお問い合わせください。