京都医塾公式ブログ

祇園祭 全34基!一挙紹介-黒主山編-

祇園祭 全34基!一挙紹介-黒主山編-

京都医塾、広報の佐古田です。

日本の三大祭の1つである「祇園祭」が7月1日から開催されていますね。
今年は、3年振りに山鉾巡行が実施されます♩
未曾有の感染症の影響で見合わせられていましたが、「出来る限り本来の形で」との思いから今年は実施されるそうです!

京都医塾ブログでも、祇園祭を盛り上げるため、短期の集中連載企画を実施します!

そもそも”祇園祭”ってなに??

話は平安時代869年までさかのぼります。当時の京都では疫病が流行していて、それを鎮めるために、神泉苑で御霊会を実施したのが始まりとされています。
祇園祭の時期になると、あちこちに山鉾が立ち並びます。この山鉾を担いで四条通から河原町通を巡行する「山鉾巡行」は祇園祭のメインイベントの一つです。
2022年の山鉾巡行は、前祭が7月17日、後祭が7月24日に行われます。

最も有名な山鉾が”祇園祭”の山鉾

山鉾とは、「台の上に山の形の造り物をのせ、鉾や長刀なぎなたなどを立てたもの」。
全国各地の祭礼に山鉾は見られますが、最も有名なのが祇園祭の山鉾というわけです。

「山鉾巡行」は、くじで順番を決める

祇園祭に登場する山鉾は全部で34基あり、それぞれにご神体が祀られ様々なご利益があるといわれます。


祇園祭の行事日程の中に、「くじ取り式」という行事があります。
「くじ取り式」は、山鉾巡行において、山鉾がどの順番で巡行するかをくじびきで決める儀式です。
34基のうち、順番が決まっている「くじ取らず」の山鉾を除く、24基の代表者がくじを引きます。
※「くじ取らず」については別途ご紹介しますね!
なぜ、くじで決めるのか、というと、室町時代に山鉾を巡行する順番で、争いが起こったため、のちにくじびきで決められるようになったそうです。この「くじ取り式」も祇園祭の楽しみの一つです。

2022年は、7月2日に行われました! ☆は「くじ取らず」

≪ 前祭 7月17日 ≫
1.長刀鉾 ☆
2.孟宗山
3.保昌山
4.郭巨山
5.函谷鉾 ☆
6. 白楽天山
7.四条傘鉾
8.油天神山
9.月鉾
10.蟷螂山
11.山伏山
12.霰天神山
13.鶏鉾
14.木賊山
15.綾傘鉾
16.占出山
17.菊水鉾
18.芦刈山
19.伯牙山
20.太子山
21.放下鉾 ☆
22.岩戸山 ☆
23.船鉾 ☆

≪ 後祭 7月24日 ≫
1.橋弁慶山 ☆
2.北観音山 ☆
3.浄妙山
4.鯉山
5.鈴鹿山
6.南観音山 ☆
7.役行者山
8.黒主山
9.八幡山
10.鷹山 ☆
11.大船鉾 ☆

【引用】京都新聞. 山一番は前祭「孟宗山」、後祭「浄妙山」に 京都・祇園祭山鉾巡行のくじ取り式. https://www.kyoto-np.co.jp/articles/-/827657, (参照 2022-07-03)

それでは、各町の山鉾をご紹介いたします。(順不同)

黒主山(くろぬしやま)とは

【引用】祇園祭2022.黒主山. https://www.kyotodeasobo.com/gion/map/detail/Kuronushi/, (参照 2022-07-03)

場所:中京区室町三条下ル
鉾建て:7月20日朝

謡曲『志賀』にちなんで、六歌仙の1人、大友黒主が桜を眺める様子をテーマにしています。

大友黒主とは

大友黒主(おおとものくろぬし)は、平安時代の歌人・官人です。優れた歌人として、在原業平や小野小町らとともに”六歌仙”に数えれられています。六歌仙とは、『古今和歌集』の序文に記された6人の代表的な歌人のことです。
鎌倉時代に書かれた『無名抄』には、大友黒主は没後に近江国志賀郡に祭られたという記事があります。

謡曲『志賀』とは

大友黒主が近江国志賀郡に祭られたという話は、伝承として中世期に広く流布しました。謡曲『志賀』は黒主が祭られた志賀明神を題材として作られました。

ストーリー

時の帝に仕える臣下が、江州志賀に今が見どころの山桜を見に行きます。そこで老いたきこりと若いきこりの二人に出会いました。老いたきこりは、「自分は黒主と呼ばれていたが、今では山の神として人は見ている。」と言い、夕雲に隠れ志賀の宮へ帰って行きます。 その後臣下の一行が夜桜の花陰に休んでいると、歌舞の音とともに志賀明神となった黒主の霊が現れ花吹雪の中でめでたく神神楽を舞いました。

御神体大友黒主

【引用】祇園祭2022.黒主山. https://www.kyotodeasobo.com/gion/map/detail/Kuronushi/, (参照 2022-07-03)

御神体の大友黒主は、寛政元年(1789)5月辻又七郎狛元澄作の銘を持ちます。

黒主山の懸装品

前掛

【引用】祇園祭2022.黒主山. https://www.kyotodeasobo.com/gion/map/detail/Kuronushi/, (参照 2022-07-03)

中国明代の皇帝・萬歴帝が即位時に身に着けたといわれる古錦を復元した「五爪竜文様錦」です。
龍の顔とその鋭い鉤爪が描かれています。

胴掛

【引用】祇園祭2022.黒主山. https://www.kyotodeasobo.com/gion/map/detail/Kuronushi/, (参照 2022-07-03)

草花胡蝶文の綴錦が用いられています。赤青2色を背景に、花々と蝶が舞っている胴掛です。

見送

1764年製の『牡丹双鳳凰文綴錦』と『紅地唐子遊図(べにじからこゆうず)』の二種類が1年交替で用いられています。

粽(ちまき)

粽販売・会所公開:7月21日~
黒主山の粽には、桜の花が飾られています。ご利益は「盗難除け・疾病除け」です。
粽は疫病神が入ってこないように戸口に吊るしておきましょう。

おわりに

今回は、「黒主山(くろぬしやま)」についてまとめてみました!いかがでしたか?
祇園祭期間中、InstagramやTwitterなどでも情報を発信していきます!
お楽しみに!

投稿者:佐古田 茉由

  • 役職
    教務スタッフ
  • 講師歴・勤務歴
    1年
  • 特技・資格
    絵を描くこと
  • 趣味
    カラオケ
  • 出身地
    大阪府
  • お勧めの本
    少年ジャンプの漫画

受験生への一言
たくさん勉強してください。