京都医塾公式ブログ

現役医学部生はこんな勉強してた!4月編vol.2

現役医学部生はこんな勉強してた!4月編vol.2

「自分に合った勉強方法を見つける」というのは受験生の大きなテーマですよね!

医学部に合格した先輩たちは、どんなふうに勉強していたんだろう?

1年通してどんなことを意識して頑張っていたんだろう?

実際に医学部に合格された先輩たちの4月の勉強の様子をご紹介します📝

(個人の体験談としてご覧ください)

京都大学・5回生 R・Tさんの場合 高校3年生のときの取り組み

今だからこそ言える!!!4月はこういう過ごし方をしたらよかった!
受験生の自分にアドバイスできるなら、どんなことを伝えたい?

「4月は新学年になったということもあり、1年間の中でも比較的モチベーションが高い時期でした。モチベーションが高いと、いつもより集中して勉強できたり、難しい問題にも積極的に取り組めたりするので、成績を伸ばすことができる良いチャンスになると思います。一方、受験学年になったから勉強しなければ!という必要以上の焦りを感じてしまうことがあり、どこか落ち着かない時期でしたが、焦っても仕方ないので、淡々とやるべきことを進めるのが大切だと思います。」                                                        

【 英 語 】

高2終了時点では英作文が苦手だったので、英作文の例文集をしっかりと覚え込むなどして様々な表現を身につけることを心がけました。例文をしっかりと頭に入れておくことで、特に苦手としていた自由英作文を書くことがスムーズになったように感じます。

【 数 学 】

高2の1年間で比較的時間を割いて勉強した科目だったので、高3に入ってからは身につけた内容を様々な問題でアウトプットできるよう勉強を進めていきました

また、時間を計った演習など、より実戦を意識した勉強を始めました

【 化 学 】

高校2年終了時点で、他の科目に比べ化学の勉強が進んでいなかったので、高3春は化学の勉強にかなり時間を割いたように思います。問題集の流れに合わせる形で、4月の頃は理論化学の分野を中心に基本から勉強を進めていきました。

【 物 理 】

高2の1年で物理の内容をひととおり勉強したので、高3に入ってからは標準的な問題が確実に解けるようにした上で、応用的な問題にも手を出していきました。物理も、問題集の流れに合わせて春は力学を中心に勉強していました。

京都大学・2回生 Y・Fさんの場合 高校3年生のときの取り組み 

今だからこそ言える!!!4月はこういう過ごし方をしたらよかった!
受験生の自分にアドバイスできるなら、どんなことを伝えたい?

コロナ禍の休校によって友達とも会えず、モチベーションが下がる一方であったのは仕方ありませんが、それでももう少し勉強するべきだったと感じます。学校のオンライン授業を受けていた時間を除けば、学習時間と遊んでいた時間はおよそ1:1になってしまっていましたが、せめて2:1までに抑えるべきだったと思います。残り1年の過ごし方が、その後の人生何十年に多大な影響があるということをもっと自覚してほしいと伝えたいです。」              

【 英 語 】

学校で課された課題と授業の予習復習に徹していました。課題は英文読解の透視図から出ていて、ただ解くだけではなく解説までしっかりと目を通していました

また授業では英作文を扱っており、「自分で解く→先生の模範解答を写す→模範解答を参考に自分の考えられる最良の文章を作る」という作業を一連のサイクルにしていました。

【 数 学 】

学校の授業は数3までの全ての範囲が終わり、入試演習が始まりました。これについては予習が間に合わなくても、復習は必ずするようにしていました。また授業とは別に月刊誌「大学への数学」を解いており、確率・数列・極限の3分野を重点的に強化しました。

【 化 学 】

この頃はまだ学校の授業以外に特段の受験対策はしていませんでした。学校の授業では駿台模試の過去問を中心とする演習授業が始まっており、それの予習復習は欠かさず行っていました。また重要問題集が課題として出されていたのでそちらも一周しました。

【 物 理 】

この頃はまだ学校の授業以外に特段の受験対策はしていませんでした。学校の授業では駿台模試の過去問を中心に演習型の授業が始まっていたので、それの予習復習を欠かさず行っていました。

医学部合格までの道のりは一人ひとり全く異なります

先輩たちの取り組みをご紹介しましたが、参考になったでしょうか?

もちろんこの勉強方法がオススメ!というわけではありません。

自分の今の実力を正確に分析して、何を、どこから、
どのペースで進めていくべきかをプランニングする必要があります。

頑張りたいけど何から手を付けたらいいか分からない…
模試の見直しが大切と言われるけど、どう分析したらいいのか分からない…
学習効率を上げる計画の立て方が分からない…
計画を立ててみたものの、実践できるか不安…

そんな受験生のみなさん!

京都医塾が「自分に合った勉強方法を見つける」お手伝いをします✨

只今、京都医塾では”1泊2日医学部合格診断”の申し込み受付中!!!

体験費用・交通費・宿泊費の3つが全て無料!

【完全無料の1泊2日医学部合格診断!】

・学習能力到達度をテストでチェック📝
・1対1個別体験授業による正確な分析🔍
・医学部合格までの道のりをしっかりとプランニング👓

本気で医学部合格を目指すなら、”1泊2日医学部合格診断”を受けてみてください!

投稿者:穂積 瑞希

  • 役職
    サポートスタッフ
  • 講師歴・勤務歴
    3年
  • 特技・資格
    どんなフライパンでもふわふわのオムレツを作れること
  • 趣味
    料理、ゲーム、散歩
  • 出身地
    京都府
  • お勧めの本
    有川浩さん - 空の中

受験生への一言
よく「笑う門には福来る」という言葉を耳にしますが、化学的に証拠があるそうです。受験勉強を進める中で悔しいことも辛いこともあると思いますが、なるべく笑顔を忘れず、一生懸命頑張りましょう。どうにも頑張れないときは、「笑う門には福来る 証明」と調べてみてください。