京都医塾公式ブログ

埼玉医科大学の一般入試の過去問対策・出題傾向まとめ【化学編】

埼玉医科大学の一般入試の過去問対策・出題傾向まとめ【化学編】

京都医塾化学科です。

このページでは「埼玉医科大学の化学」についての過去問を分析します。

・“医学部受験に興味がある”という方

・“埼玉医科大学”の受験を考えている方

・“埼玉医科大学の化学がどのような問題か知りたい”という方

におススメの記事となりますので、興味のある方はご一読ください。

概要

【形式・制限時間・配点】2021年度(最新の問題より) 

形式:マーク

時間:理科2科目で90分

大問数:3題

配点:100点

出題の傾向と特徴(6年分)

2016年度以降の6年分について、分野別の傾向をまとめます。

【①理論化学】

毎年、1.5~2題程度は出題されています。出題テーマは

・「周期表、濃度計算、化学平衡と反応速度 (2021)」

・「中和滴定、ルシャトリエの原理、圧平衡定数、浸透圧、酸化還元滴定 (2020)」

・「状態図、蒸気圧 (2019)」

・「熱化学、酸化還元滴定、反応速度、電離平衡 (2018)」

・「固体の溶解度、電離平衡とpH (2017)」

・「気体の熱運動、原子の大きさと質量 (2016)」

です。

(講評)

出題頻度が高く、化学基礎・化学の幅広い範囲から出題されます。また、無機化学や有機化学との融合問題として出題させることもあります。計算問題も多く出題されますが、難易度は標準レベルのものが多いです。

【②無機化学】

2017、2018年を除いて、0.5題程度は出題されています。出題テーマは

・「ハロゲン、オキソ酸 (2021)」

・「14~17族の化合物 (2020)」

・「アルミニウムの反応・製錬 (2019)」

・「亜鉛と鉄の化合物 (2018)」

・「金属陽イオンの系統分析、錯イオン、配位結合、気体の状態方程式、塩の液性、金属単体の反応、鉛蓄電池、緩衝液のpH、中和滴定 (2017)」

・「窒素、リン (2016)」

です。

(講評)

 毎年出題されますが、融合問題となっているため量は少なく、難易度も高くありません。時間を掛けずに、確実に得点したいので、教科書レベルの基本的な性質や反応についての知識を身に付けておく必要があります。

【③有機化学(高分子化学も含む)】

毎年、0.5~1題は出題されています。出題テーマは

・「アニリンの合成、C8H10構造決定、PET (2021)」

・「糖、アスコルビン酸の合成 (2020)」

・「脂肪族化合物の性質・反応、C4H8O2の構造決定 (2019)」

・「アミノ酸 (2018)」

・「糖、化学繊維 (2017)」

・「ゴム、コレステロール、異性体 (2016)」

です。

(講評)

 構造推定や合成実験に関する出題が多いです。難易度に関しては、標準的なものが多いが、見慣れない物質や実験が出題されることもあります。また、高分子化学からの出題もあり、こちらも教科書には載っていない内容がテーマになることもあります。まずは基本的な知識を身に付け、その上で構造決定の問題や計算問題の対策も行うようにしましょう。

【制限時間に対する問題量】

2017年度以降から大問数が4から3になり、2021年度から理科2科目の時間が100分から90分に変更されました。1科目あたり45分で3題を解く必要があるので、時間的な余裕はありません。特に計算問題は、時間をかけずに正確に解く訓練が必要です。

まとめ

 選択肢が多く、消去法では対応できない問題があります。また、見慣れないテーマが出題されることもあるが、設問自体の難易度は標準的なものが多いので、教科書レベルの知識をしっかり身に付けておく必要があります。

京都医塾ではご相談・体験授業を随時募集しています。下記リンクからお気軽にお問い合わせください。

投稿者:尾藤 浩高

  • 役職
    化学科講師
  • 講師歴・勤務歴
    14年
  • 出身大学
    京都大学大学院農学部
  • 特技・資格
    特技:料理と言えるように腕を磨きたいと思っています
  • 趣味
    ソフトボール、バスケットボール、料理
  • 出身地
    大阪府
  • お勧めの本
    夢をかなえるゾウ

受験生への一言
本気でやるならとことん付き合います!頑張りましょう!!