京都医塾公式ブログ

兵庫医科大学の一般入試の過去問対策・出題傾向まとめ【化学編】

兵庫医科大学の一般入試の過去問対策・出題傾向まとめ【化学編】

京都医塾化学科です。

このページでは「兵庫医科大学の化学」についての過去問を分析します。

・“医学部受験に興味がある”という方

・“兵庫医科大学”の受験を考えている方

・“兵庫医科大学の化学がどのような問題か知りたい”という方

におススメの記事となりますので、興味のある方はご一読ください。

概要

【形式・制限時間・配点】2021年度(最新の問題より) 

形式:記述

時間:理科2科目で120分

大問数:3題

配点:100点

出題の傾向と特徴(6年分)

2016年度以降の6年分について、分野別の傾向をまとめます。

【①理論化学】

毎年、1~1.5題程度は出題されています。出題テーマは

・「浸透圧、水銀柱、電離平衡、溶解度積、コロイド (2021)」

・「リチウムイオン電池、二次電池、結晶格子、比熱 (2020)」

・「理想気体と実在気体、状態方程式、ファンデルワールス方程式、飽和蒸気圧 (2019)」

・「酸化還元、2段滴定、指示薬、電離平衡、pH計算、平衡移動 (2018)」

・「ケイ素の結晶格子、熱化学、気体 (2017)」

・「固体の溶解度、アルミニウムの結晶格子、溶融塩電解、ミョウバン、溶解度積、モール法 (2016)」

です。

(講評)

典型的な問題だけでなく思考力を要する応用問題も出題されています。知識の丸暗記では通用しない問題も見られるので、理論背景を正しく理解しながら学習を進める必要があります。また計算過程やグラフを書かせる出題形式も見られます。受験までに解答作成の練習もしっかりと積んでおきましょう。

【②無機化学】

2021年を除いて、0.5~1題程度は出題されています。出題テーマは

・「カルシウム化合物、アンモニアソーダ法、気体の性質 (2020)」

・「鉄の製錬、合金、メッキ、錯イオン (2019)」

・「ハーバーボッシュ法、沈殿、乾燥剤 (2018)」

・「ケイ素、シリカゲル、フッ化水素酸、ゲル (2017)」

・「アルミニウム、クラーク数、ミョウバン (2016)」

です。

(講評)

 理論分野との融合問題として出題されることが多いので、分野をまたいだ体系的な知識が必要となります。教科書レベルの知識も多数出題されているため、基礎的な化学式や用語でいかに失点しないかがポイントになります。ただし年度によっては細かい知識まで問われることもあるので、教科書の隅々まで目を通しておくと良いでしょう。

【③有機化学(高分子化学も含む)】

毎年、1題は出題されています。出題テーマは

・「異性体、元素分析、ブタジエン、 (2021)」

・「元素分析、ジエステルの構造決定、加水分解とけん化、異性化、不斉炭素 (2020)」

・「元素分析、エステルの構造決定、ナフタレンの酸化、分子内脱水によるエステル化 (2019)」

・「熱可塑性樹脂、熱硬化性樹脂、生分解性高分子、PET、光学異性体、共重合 (2018)」

・「アミノ酸の配列決定、タンパク質の検出反応、エステル化、トリペプチドの異性体の数 (2017)」

・「ルミノールの合成実験、ルミノール発光、異性体、元素分析 (2016)」

です。

(講評)

 有機化合物の構造決定や異性体の問題が頻出です。解いていく中でもし問題文に見慣れない有機化合物が与えれても、誘導にしたがって考えていけばきちんと正答できる問題も多いので慌てず解くことが大切です。また頻度としては少ないですが高分子化学の細かい知識も問われているので、満遍なく学習し知識の偏りが無いように仕上げていきましょう。

【制限時間に対する問題量】

1科目あたり60分で3題を解く必要があります。計算問題が多く、計算過程やグラフを書く問題もあるため正しく処理できるように普段から練習しておきましょう。また文章量も多いので、内容を素早く正確に読み取る力も必要となります。

まとめ

 計算問題は基本的な典型パターンだけでなく応用力を要する問題も多いため、普段から少し難しめの問題に積極的に挑戦しておくとよいでしょう。逆に知識問題は基礎的な内容が多いため、教科書レベルの知識を確実に暗記しましょう。出題は理論、無機、有機の全範囲に渡っており、偏りの無い知識が求められます。弱点となる単元がある場合は集中的に学習を進め、弱点を早期に克服しておきましょう。

京都医塾ではご相談・体験授業を随時募集しています。下記リンクからお気軽にお問い合わせください。