京都医塾公式ブログ

兵庫医科大学の一般入試の過去問対策・出題傾向まとめ【物理編】

兵庫医科大学の一般入試の過去問対策・出題傾向まとめ【物理編】


京都医塾物理科です。このページでは「兵庫医科大学の物理」についての過去問分析コメントを紹介します。
・“医学部受験に興味がある”という方
・“兵庫医科大学”の受験を考えている方
・“兵庫医科大学の物理がどのような問題か知りたい”という方
におススメの記事となりますので、興味のある方はご一読ください。

概要

【形式・制限時間・配点】2021年度(最新の問題より) 
形式:記述式(ほぼ全ての設問で導出過程も問われる)
時間:A方式は2科目120分、B方式は1科目60分

大問数:5題

配点:A方式は100/500点、B方式は100/300点

出題の傾向と特徴(6年分)

2016年度以降の6年分について、分野別の傾向をまとめます。

【力学】

毎年、1題は出題されています。出題テーマは

・「テニスボールを相手側コートに入れる条件(2021)」

・「摩擦のある斜面上における2物体の運動(2020)」

・「水中における木片のつりあい、摩擦のある円すい内面に沿った円運動(2019)」

・「2つの小物体を取り付けた軽い剛体棒のつりあい、糸に取り付けた小球の運動(2018)」

・「小球の斜方投射、糸やばねに取り付けた小球の円すい振り子(2017)」

・「小球どうしの衝突で引き起こされた円運動(2016)」

です。これらから分かるように、万有引力を除く全ての単元から、幅広く出題されています(単振動についても、2021年度に電磁気分野との融合問題である「電気ブランコ」で、周期や振れ角を問う設問が出題されています)。中でも、円運動は直近6か年のうち3回出題されており、やや頻度が高くなっています。円運動する物体については、その速さ \(v\) や向心加速度の大きさ \(a\)

\(v=r\omega\) ,\(a=\frac{v^2}{r}=r\omega^2\) (\(r\):半径,\(\omega\):角速度)

となることを、必ず押さえておきましょう。

【電磁気】

毎年、1題は出題されています。出題テーマは

・「コンデンサーのつなぎ替え、電気ブランコ(2021)」

・「一様な外部磁場の有無による電子の円運動の変化(2020)」

・「自己誘導、コンデンサーを含むブリッジ回路(2019)」

・「3枚の極板で形成されたコンデンサーの充電(2018)」

・「2つの点電荷がつくる静電場および2つの電流がつくる静磁場、RLC交流回路(2017)」

・「電磁場中の荷電粒子の運動(2016)」

です。これらから分かるように、電磁気も全ての単元から幅広く出題されています。2020年度と2016年度で荷電粒子の運動が出題されましたが、荷電粒子の運動は、その多くが一様な電場または磁場で行われます。そのため、一様電場の場合は等加速度運動、一様磁場の場合は等速円運動になることを、必ず押さえておきましょう。

【波動】

毎年、1題は出題されています。出題テーマは

・「球面レンズと円筒面レンズを用いたニュートンリング(2021)」

・「ドップラー効果により波長の変化した音波の干渉(2020)」

・「電波望遠鏡における電波の干渉(2019)」

・「yxグラフからytグラフへの変換、プリズムを通した光の進路(2018)」

・「ニュートンリング(2017)」

・「プリズムを通した光の進路(2016)」

です。波動もやはり幅広く出題されていますが、中でも、波の干渉に関する題材が直近6か年のうち4回出題されており、頻出と言えるでしょう。波の干渉、特に光波の干渉については、その干渉条件の式が、

 強めあう条件:光路差\(=m\lambda\)

 弱めあう条件:光路差\(=(m+\frac{1}{2})\lambda\) (\(m\):整数,\(\lambda\):真空における波長)

 ※ ただし、反射で位相が \(\pi\) ずれる(逆転する)ごとに、条件式が反転する。

とまとめられます。重要な関係式なので、必ず押さえておきましょう。

【熱力学】

毎年、1題は出題されています。出題テーマは

・「スターリングサイクル(定積・等温変化からなる熱サイクル)(2021)」

・「円筒容器内における気体の分子運動論(2020)」

・「ばね付きピストンで閉じた気体の状態変化(2019)」

・「pVグラフ(2018)」

・「気体の混合(2017)」

・「氷の融解および氷と水の比熱計算(2016)」

です。熱力学も、幅広く出題されています。2021年度のスターリングサイクルは、熱効率が理論的に最大となる有名な熱サイクルであり、他大学でも類題がよく見られます(2019愛知医科大学など)。そのため、一度は触れておきたい題材です。なお、その理論熱効率e

              \(e=1-\frac{T_L}{T_H}\) (\(e\):熱効率,\(T_L\):低温熱源の温度,\(T_H\):高温熱源の温度)

となることが知られています。知識にしておくとよいでしょう。

【原子物理】

直近6か年では5回出題されています(2021年度は出題がありませんでしたが、これは新型コロナウイルスの流行による学校進度の遅れに配慮した、例外的なものと思われます)。出題テーマは

・「放射能に関する各種知識および定量計算(2020)」

・「電子線を用いたブラッグ反射、リン30に関する核反応(2019)」

・「ウラン238とウラン235の天然存在比、光電効果(2018)」

・「素粒子に関する各種知識、X線の発生およびそれによるコンプトン効果(2017)」

・「ウラン235に関する核反応、ボーアモデル(2016)」

です。全体的に見て、他大学よりも幅広い知識が問われる傾向にあります。また、2017年度は、素粒子に関する知識も問われました。多くは教科書基本レベルですが、最後の単元の素粒子まで満遍なく学習しておく必要があります。教科書を最後まで通読して、できる限り知識を詰め込んでおきましょう。

【制限時間に対する問題量】

2021年度は2科目120分で大問5題を解答する必要がありました。1科目60分と考えると、大問1題あたりの時間は12分となり、非常に時間制限は厳しいです。したがって、思考に使える時間はほとんどないと考えておきましょう。

まとめ

難易度は基本~やや難まで幅広く、時には高校物理を超えた内容も出題されます。しかも、1科目あたり60分で5題を解かなければならず、時間的な余裕は全くありません。そのため、そのような問題を見極めて取捨選択し、標準レベルまでの典型題を素早く解き進める必要があります。また、全ての設問において導出過程も記すことになるため、解答時間を意識した過去問演習を十分に積んでから、試験に臨みましょう。

京都医塾ではご相談・体験授業を随時募集しています。下記リンクからお気軽にお問い合わせください。