京都医塾公式ブログ

久留米大学の一般入試の過去問対策・出題傾向まとめ【物理編】

久留米大学の一般入試の過去問対策・出題傾向まとめ【物理編】


京都医塾物理科です。このページでは「久留米大学の物理」についての過去問分析コメントを紹介します。
・“医学部受験に興味がある”という方
・“久留米大学”の受験を考えている方
・“久留米大学の物理がどのような問題か知りたい”という方
におススメの記事となりますので、興味のある方はご一読ください。

概要

【形式・制限時間・配点】2021年度(最新の問題より) 
形式:記述式
時間:2科目120分

大問数:3題

配点:100点(筆記試験全体の配点は400点)

出題の傾向と特徴(6年分)

2016年度以降の6年分について、分野別の傾向をまとめます。

【力学】

毎年、1題は出題されています。出題テーマは

・「ばねを介在させた2物体の衝突(2021)」

・「L字の剛体棒のつりあい(2020)」

・「2球の斜衝突(2019)」

・「万有引力を受けた人工衛星の運動(2018)」

・「加速度運動をする列車内での小球の運動(2017)」

・「半円形レールの頂点から水平投射される2球の運動(2016)」

です。単振動に関する出題はありませんでした。全体的に、設問に誘導されながら基本的な内容を組み合わせて解く問題が多い印象です。そのため、教科書傍用問題集を用いた基礎固めが非常に有効となります。

【電磁気】

毎年、1題は出題されています。出題テーマは

・「電磁場中における荷電粒子の運動(2021)」

・「金属板を挿入したコンデンサー(2020)」

・「RLC交流回路(2019)」

・「電磁場中における荷電粒子の運動(2018)」

・「コンデンサーの極板間引力・並列接続(2017)」

・「電磁場中における荷電粒子の運動(2016)」

です。6題中3題が電磁場中における荷電粒子の運動に関するものであり、頻出と言えるでしょう。荷電粒子の運動は、その多くが一様な電場または磁場で行われます。そのため、一様電場の場合は等加速度運動、一様磁場の場合は等速円運動になることを、必ず押さえておきましょう。

【波動】

毎年、力学と電磁気から1題ずつ出題され、残りの1題は波動か熱力学のいずれかから選ばれています。2016年以降における出題テーマは

・「薄膜干渉(2020)」

・「レンズを通る音波の屈折(2016)」

です。薄膜干渉は教科書にも取り上げられている題材なので、確実に点数を取りたいところです。波の干渉、特に光波の干渉については、その干渉条件の式が、

 強めあう条件:光路差\(=m\lambda\)

 弱めあう条件:光路差\(=(m+\frac{1}{2})\lambda\) (\(m\):整数,\(\lambda\):真空における波長)

 ※ ただし、反射で位相が \(\pi\) ずれる(逆転する)ごとに、条件式が反転する。

とまとめられます。重要な関係式なので、必ず押さえておきましょう。

【熱力学】

2016年以降における出題テーマは

・「ピストンで閉じた気体の状態変化(2021)」

・「気体の混合(2019)」

・「pVグラフ(2018)」

・「pVグラフ(2017)」

です。2018年度と2017年度は、連続してpVグラフに表された熱サイクルが出題されました。pVグラフで囲まれた面積が外部にした仕事を表すことや、等温・断熱・定積・定圧といった典型的な状態変化における特徴、また熱効率の定義式(\(e=\frac{W}{Q_{in}}\))などは、教科書などを通して事前に完璧にしておきましょう。

【原子物理】

直近6か年での出題はありません。出題範囲からの除外が明言されています。

【制限時間に対する問題量】

2021年度は2科目120分で大問3題を解答する必要がありました。1科目60分と考えると、大問1題あたりの時間は20分となり、他の私立医大に比べて時間制限は緩いものとなっています。思考に使える時間は十分にあるため、複数の角度から導いた答えを検証できるように、様々な解法に習熟しておくとよいでしょう。

まとめ

難易度は基本~標準であり、典型的な問題が多く、かなり与しやすい大学です。また、時間的にもさほど厳しくはないので、8-9割の得点を目指しましょう。なお、設問によっては単位が解答欄に予め付与されておらず、「SI国際単位系による簡潔な単位の記入」が求められます。そのため、各物理量の単位は必ず正確に押さえておきましょう。

京都医塾ではご相談・体験授業を随時募集しています。下記リンクからお気軽にお問い合わせください。

投稿者:佐藤 寛之

  • 役職
    物理科統括/物理科講師
  • 講師歴・勤務歴
    14年
  • 出身大学
    京都大学理学部
  • 特技・資格
    作業に没頭できること
  • 趣味
    散歩
  • 出身地
    岡山県
  • お勧めの本
    高橋昌一郎「理性の限界」

受験生への一言
まず、目の前の問題が「解けない」という事実にこだわりましょう。解説を読んで理解した気になってはいけません。解けていない原因はほぼ間違いなく、基礎が理解できていないからです。自分でよく考え、それを先生に質問し、友達にも説明してみましょう。やがて、その一つ一つが大きな力へと結実していきます。