京都医塾公式ブログ

「見直せ!」と言われても…数学のケアレスミスを減らすには?

「見直せ!」と言われても…数学のケアレスミスを減らすには?

京都医塾数学科の井上です。

今回は、多くの生徒にとっての悩みの種である、ケアレスミスについてお話しします。

数学は、一番得点が安定しないと言われる科目です。「考え方は合っていたはずなのに、初手で計算ミスがあって0点だった…」なんてことも、一度は経験された方も多いでしょう。

では、ミスを減らすためにはどうすればよいのでしょうか。

生徒に「どうすればミスを減らせるか?」と聞いてみても、「気を付けます。」・「見直します。検算します。」という答えは返ってきても、何をすれば良いか分かっていないことも多いです。

この記事では、具体的な見直し・検算の方法について、まとめてみました。

1.そもそもミスをしない努力をする

見直しは、ミスをしているという事が前提の行動です。本来は、最初からミスをしないような努力をすることも大切です。そのために…

  • 転記ミスをしないように、転記する内容を指さしながら書く
  • 問題文に書かれている条件を見落とさないように、下線を引いたり〇をつける
  • 同時に複数の計算処理を行わない

以上のような方法があります。

特に重要なのは、転記ミス防止です。序盤にこのミスを犯してしまうと、なかなか気づくことが出来ず、大幅失点という事にもなりかねません。

2.見直し・検算の具体的な方法

「見直しをしよう」と言っても、何をすればよいのかよくわからないという生徒も多いです。具体的な方法について、ご紹介します。

実際に手を動かす

自分の書いた答案をジッと見て「これで合ってるよね…?」と確認する、これでは効果が薄いです。必ず手を動かして計算をしましょう。

逆算を活用する

答案を見直すとき、自分の書いた順番・つまり「上から下」に見直していても、結局最初に解いた時と同じような見方しかできず、ミスに気づきづらいものです。そこで、「下から上」に見直す方法がお勧めです。

例えば因数分解なら展開、積分なら微分と言ったように、逆の計算の方が簡単な場合も多く、別の角度から問題を見る事が出来るのです。

具体化してみる

例えば…

方程式の解が求まったら元の式に代入し、等号が成り立つか確認

数列の一般項が求まったらn=1を代入し、初項と一致するか確認

などが挙げられます。

見直すタイミングは最後である必要はない

問題を見直すタイミングは一通り問題を解き終わってから、と思っていませんか?

序盤でミスをしているのに気づかず、最後まで解いてからミスに気づき、慌てて間違っている所を探し始める… 授業でよく見る光景です。「自分はミスが多いのが悩みだ」と思っている方は、いっそのこと「1行書くごとに見直しする」くらいでも良いのです。早めに気づくほど、傷は浅く済むのですから。

3. 自分のミスの傾向を把握する

実はこれが一番大事かもしれません。普段の演習で、問題を解き終わるとすぐに答えを見る、もしくは先生に「これで合ってますか?」と聞いていませんか?問題を解く訓練が必要なように、見直しにも訓練が必要です。

いつもはしていないのに、入試などのテストの時だけ見直しをしていても、うまくいきません。普段から見直し・検算の習慣が付いていれば、「ここはミスしやすい場面だ!」とある程度危険を察知することは出来るはずです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?「見直しなさい」と言われたことはたくさんあっても、より詳しい方法を知る機会は少ないと思います。ぜひ参考にしてみてください。

京都医塾ではご相談・体験授業を随時募集しています。下記リンクからお気軽にお問い合わせください。